着心地もデザインも納得のオーダースーツ!注文前に知っておきたい情報をご紹介

このサイトでは着心地もデザインも納得のオーダースーツを取り上げています。
注文前に知っておきたい情報をご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。
自分に合うオーダーメイドのスーツの仕立屋を選ぶコツも解説しています。
納得のお店を見つけるために、きっと役立つはずです。
またオーダーメイドのスーツ作りで事前に確認したい内容も説明しています。
これらを押さえておけば、自分の体型に合った好みのスーツが実現できる可能性が高まります。

着心地もデザインも納得のオーダースーツ!注文前に知っておきたい情報をご紹介

オーダースーツに関心があるけどどのようなお店を選べば良いか分からないという人もいるのではないでしょうか。
オーダースーツの店選びのポイントを紹介すると、まずは信頼感のある担当者がいるかが挙げられます。
よく話を聞いて、いくつかの提案をしてくれるスタッフがいると安心です。
また希望の生地を取り扱っているかも重要になります。
スーツに仕立てたときに、魅力的に見える生地を選べる店がおすすめです。
出来れば生地を実際に見られる店が良いでしょう。

一から仕立てるオーダースーツの出来上がりまでの日数

オーダースーツは既製品のスーツとは違いデザインやシルエットや生地などを、自分で決めてサイズを細かく測り製作するスーツのことです。
自分好みのデザインやフィット感が高いオーダースーツは、多くの人達から高く評価されています。
一部を規制の型紙から作るセミオーダータイプや型紙は既製品を使用するパターンオーダータイプとは違い、一から仕立てるフルオーダースーツは出来上がりまで日数がかかることがあります。
一から仕立てるフルオーダータイプのものは、一般的な目安として出来上がりまで1ヶ月から2ヶ月の間を目安に考えておくと良いです。
生地やシルエットにかなりこだわりがある場合には、出来上がり日数は多くかかります。
4月の新生活に向けた2月と3月にはスーツを新調する人が増えるので、注文が集中しやすくその期間の依頼は納期が長引くこともあります。
オーダースーツを注文する場合には、納期に余裕を持って依頼をすることをおすすめします。

比較的手の届きやすい価格のオーダースーツとは

オーダースーツは高価で自分にはちょっと手が届かないと思っている人もいるかもしれませんが、比較的手の届きやすい価格のオーダースーツもあります。
もちろん用いる生地を高品質のものにするかそれともそこそこの品質で満足するかでも値段は変わりますが、それとは全く別の意味で、オーダー品には違いはなくてもそのレベルには差があるからです。
最も手頃に入手できるのはパターンオーダーと呼ばれるものであり、これは多くのケースで既製品とあまり大きくは変わらない値段で購入できたりします。
標準的には2万円から高くても7万円くらいで、オーダーが初めてという人にもハードルが低いでしょう。
ただしもちろん高級ブランドであればさらに高価になることはあります。
あくまで標準であって、既製服との差はさほどないという意味で理解してください。
これは基本的には既製品ではサイズが合わないという場合に仕立ての調整が利くというレベルです。
注文から仕上がりまでに要する時間も比較的短くなります。

オーダースーツを早く手に入れたい場合には

オーダースーツを早く手に入れたいというのはなかなか応えるのが難しい要望になるかもしれません。
オーダースーツとは要するに注文生産というか特注品であり、注文を受けてから職人が仕立てを開始することになります。
職人作業ですから手順や段取りがしっかりと決まっており、求められる品質レベルを維持するためには最低限必要な作業時間というものがあります。
こちらの都合で急がせるようなことは、多少であれば例えば他の仕事を後回しにしてでも対応いただけることはあるかもしれませんが、基本的には他の注文をしているお客さんも同じように対応しなければならないのですから無茶なことは言えません。
ただ、ちょっと考え方を変えて、オーダーの内容というかレベルを変更する手はあります。
パターンオーダーと呼ばれるようなものであれば、全くの一から仕立てるのではなくて、既存のパターンの中から選びますのでその分だけ職人の作業量も少なく、結果的に早く手に入ります。

耐久性の高いオーダースーツの生地の選びかた

日本のオーダースーツは着心地も耐久性も良いと、かなりの高評価を得ています。
オーダースーツ選びは生産地も大事であり、日本製も海外性も価格はもちろんのこと、品質も異なるためにそのあたりも考慮する必要があるのです。
日本製のスーツは国内の工場で作られるものか海外の工場で作られています。
その中でも純国産のスーツは縫製が良くてブランドとして安心できると定評です。
日本製スーツと名乗るためには、「日本で縫製や装飾を施す」といったことをクリアする必要があるのです。
日本製スーツの良さは、とにかく長持ちすることにつきます。
立体的にフィットすることで、無理のない動作をすることができるのは日本の魅力です。
安いポリエステルの生地から、高価なブランド物まで様々ですが、価格を安く抑えたいかどうかは生地で決めると良いでしょう。
オーダーでスーツを作るならば、価格は6万円から20万円が相場です。
お値段が高めではありますが、その分良い製品が届きます。

著者:兼田泰正

筆者プロフィール

広島県広島市生まれ。
スーツの仕立て屋をしています。
知識を生かしてオーダースーツの記事を書いています。
オーダースーツを広島市で探そう